クレジットカードを無効化するということそれ自体は呆気にとられるほど取っ付きやすいことですが解約するをする上でチェックしておきたいいくつかの留意点に関しても忘れないでおいたら、カードの解約なども少しの手間で完了させることが出来るようになるはずです。箇条書きにまとめさせて頂きましたため是非、気をつけて頂ければ幸いです。クレカ加入を終わらせた後特別の事情無く急に契約解除申請するという行為はやめておくべき⇒カード会社加入手続きしたすぐ後即手に入れたクレジットカードを使用取りやめにしてしまうと、悪質な顧客という風にクレジット会社において処理されるなどという意図せぬことがないとも限りません(極端な想定ですがしょっちゅう登録→契約失効するということをやってしまったようなとき)。登録時のサービス・ポイントを狙ったカード発行の場合ギフト券や優待券などという入会時のサービスを獲得したということで即座にカード無効化を行いたくなるような人情も理解できますけれども、カードサービス会社からの立場で考えれば計算高い人間に関して自社の与えるクレジットを使ってもらいたくないという具合に利用者を切り捨てるという意思決定が下されても怒ることはできないでしょう。なので、もし加入時の優待券だけを目当てにカードなどを作った際にも、すぐに失効せずに少なくとも1年の半分、余裕があれば365日そのカードを所持し続けて契約解除の電話はその後で行うことを推薦したい。もしくは申請時のプレゼントのみに限定せず、何となく申し込んで財布に入れてはみたのはいいが使用する機会がないのでと思ってしまうようはケースにおいても、6ヶ月よりも多く届いたカードを持ちしておくべきです。カードをもらう側が思っているよりクレジットカードという代物を一から作成するための人件費というものは避けられないものだと理解してほんの少しでも手間を減らしてあげよう・・・というように考えて頂けることが出来ればお互い悪い気分にはならないと考えれます

Copyright © 2002 www.eugenefelix.com All Rights Reserved.