クレカが不必要に思える…そういった思いが頭をよぎったらクレカの契約解除(けいやくかいじょ)をしてしまいましょう。解説はする必要がないと知っての上で敢えて説明しますがカードの使用不可能化とは使っているそのクレジットを再び店舗などの売り場で使えない状況にすることである。こちらの一節で使わなくなったカードの解約仕方から契約解除に関する注意事項などを徹底的に整理してみることにしました。これを一読してもらえれば使用の中止の懸念をすっかり忘れて頂けることだろう。単刀直入に言うことになりますが、不必要なクレジットを機能停止する仕方はとてつもなく簡単。「クレカに一度手続きをしたら、思い通りに契約解除するのは手間じゃないの……」という懸念や「クレジットの退会の手続きが億劫に違いない?」と感じてしまう会員も多いという話だが拍子抜けすることにクレカのサイン側の面に印刷されたカスタマーセンターに照会をし、カード使用不可能化の意向を知ってもらうのみであっという間に無効化が実現できます(なんと3分程度で解約できます)。契約する前の段階はあり得ない程複雑だったのとは全く逆に機能停止の手続きはただこれで終わってしまうの?とびっくりしてしまうと思います。絶対に無効化の仕方は容易に完了できるのでしょうか?おっしゃる通りです。カードの退会の手続きは特別な例外を入れなければ契約解除に際してフォーマットもない上に執拗に粘られるようなことも考えられません。間違いなくたった「使用中の▼▼クレジットを契約解除したいと思い、ご連絡さし上げたのですが・・・」などと話しているオペレーターに向けて言うのみで大丈夫です。実は、当の私自身も30枚以上のカードを機能停止するために申請を行ってきたものの未だかつて解約に際して当惑したような事は経験していないためそのような問題については心配しないで結構です。ある人より伝わってきた実話によると使用不可能化を行おうとオペレーターに話したところやめる事情は何であるかを聞かれる場合があったということですが単純にサービスクオリティの調査のようなものだったらしく、慰留されるような面倒も知る限りないと教えてくれました。レアなケースとしてわけを尋ねられたという状況に直面したとしてもあれこれ理由を考えずに『使わなくなったため』だとか『あの会社のカードサービスのDMを読んだらそちらが魅力的に思えたので』といった意見を言ってしまえば良いだろう

Copyright © 2002 www.eugenefelix.com All Rights Reserved.