普通の初心者用のFXの本では「損失を被った時はナンピン買いして、ポジション全体の買い付けコストを低くする事が出来る」等書かれていたりしますが、正直に言うとこれは相当大きな落とし穴が待ち受けています。

最初に、ナンピン買いの理屈に関してごく簡単に述べておきます。

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。

$買いなので円安に動くほど利益を得られますが、1ドルが95円までドル安に振れてしまったとします。

その場合ポジションを維持し続けたら利益がでるためには、損した分円安が進まなければならない。

皆さん、損は早めにリカバリしたいと思います。

そのため最初にエントリーしたのと同じ分のドルを1ドル=95円で買います。

そうすると、ポジションの平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

この結果、2.50円の幅でドル高が進むと赤字を回復する事ができます。

それが、ナンピン買いのロジックだ。

このように、ナンピン買いの原理をみると、「まちがいない」と思ったりするが、外国為替市場はそう簡単には上手くはいきません。

そもそも、1ドル=95円が下限だとということなど、なんびとも想像できません。

もしも、相場がかなり強いドル安の流れだとしたら、1ドル95円では下げ止まらずに一段のドル安になる危険性はあります。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず95円まで円高ドル安になったら、ナンピン買いした分についても為替差損が生じてしまいます。

その状況では、最初にエントリーしたドルと同時に損失が生まれる事になります。

この通り、ナンピンは一筋縄でいきません。

それなら、相場が自分自身の脚本とは逆の方向にさっさと進んでしまった場合、どういった手段で危険性を避ければいいのでしょうか。

こういう状態で取るべき方法は2つしかありません。

ひとつは潔く、損切りをすること。

もうひとりは、その時に、所持している買いポジションを縮小することによってもう一回為替が戻るのを何もしないで待つ事です。

相当消極的な対策だとおっしゃる方もいるでしょう。

だが、自分が所有しているポジションにマイナスが出た場合、最も有効な手段はこれ以上のものは考えられない。

なるほど、理屈の上では、ナンピン買いをするという対策もあるように思えます。

だがナンピン買いは、あなた自身が損をしているにもかかわらずポジションを減少させるどころか逆に買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この手法では、危機を削減することなどとても無理だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンをし続けられれば最終的には損を取り返せるかもしれません。

だがしかし、その前に投資資金が不足してしまいます。

Copyright © 2002 www.eugenefelix.com All Rights Reserved.