「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買の注文をして利益を得る取引です。仕事 辞めたい アフィリエイト

価格は常時動いています。

これが為替市場です。

インターネットを見ていると、ドル円やユーロ円のレートの話題が流れるケースがあります。

たとえば、「今のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表現しています。

売買には買いと売りの2個の値があるという事です。

売値、買値ではなくビット、アスクと示している取引業者もあったりします。

売値の方が安くなるものです。

投資家が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

その差額をスプレッドといいFX会社の稼ぎのひとつといわれています。

スプレッドの広さはFX業者によって違います。

スプレッドは利用者にとってコストになるので小さいFX会社をピックアップしたほうが有益です。

ただ、同じ業者でも場面に応じてスプレッドの狭さは広くなったり狭くなったりします。

例えば円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても、市場の変化が大きい場合には1銭よりも広くなったりする場面があります。

そのため、スプレッドの幅が狭いのと合わせて変化しないということが大切です。

近頃では固定でスプレッドの差を表示する業者もたくさん存在しています。

実際に取引会社の売買画面の中で現実の市場を確かめなければ判断できないので手間がかかりますが大事な事です。

多くの資金を使って注文するのですから、実際のトレードの前に興味がある会社の新規口座開設をいくつもして示されているスプレッド幅を点検しましょう。

同じ通貨のペアでも、状態によって通貨のスプレッド幅は変わることがあります。

おおむね、インターバンクで売買高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが小さく、それ以外のペアではスプレッド幅が拡大する事がよくあります。

Copyright © 2002 www.eugenefelix.com All Rights Reserved.